バツイチでの婚活

すぐに会いたがる男性

当時私はバツイチで、もうすぐ2歳になる息子がいました。

周囲からは「子供が幼いうちの再婚を」と勧められ、最初はその気ではなかったのですが、友人の勧めでヤフーパートナーに登録をしてみました。

登録した後すぐに沢山の男性からメッセージが届きましたが、その量の多さにどう返事を返したらいいか悩みました。

まずは定型文で送ってきた方、顔写真がない方をお断りすることにしました。

やはりネット上は顔が見えないので不安がありました。

自分の言葉でメッセージを送ってくれた方の何人かとメッセージのやり取りをしてみましたが、すぐに会おうと言ってくる人はその場でお断りしました。

すぐに会いたがる男性

 

すぐに会いたがる人はNG

ほとんどの方はすぐに会おうと言ってきました。

私は最初から息子がいることを明かしていましたが、それでもすぐに会おうとしてくる人は信頼できませんでした。

そんな形でお断りをしていき、最後の一人の方とメッセージのやりとりを続けました。

子供が好きで、相手もバツイチ(子供なし)、すぐに会おうとも言ってこず、お互いの話をしました。

サイトでのメッセージのやり取りをし始めて1ヶ月が過ぎた頃、お互いのメールアドレスを交換しました。

さらに1ヶ月後に相手から会ってみないかと誘われました。

 

日時を決めて、当日待ち合わせ場所で始めて会ったときは、2ヶ月もやり取りしていたけど、恥ずかしくて人見知りしてしまいました。

その日は食事をして帰宅しましたが、相手の方から次の約束がしたいとメールがきました。

次の約束の日に相手の方から結婚を前提にお付き合いしてほしいと言われ、私も返事をしました。

しかし条件として、子供がいるから頻繁には会えないこと、会わせたいと私が思うまでは子供とは会わせないことを伝えました。

相手の方はそれでも構わないと言ってくれました。

それからは頻繁ではないものの、月一回食事に行き、あとはメールでのやりとりを続けました。

お付き合いを始めて3ヶ月後、私もそろそろ子供を会わせてみようかなと思っていた頃に、相手の方から息子の喜ぶところに連れていってあげたいと言われました。

当時大好きだったヒーローショーを3人で見に行きました。

初対面とは思えないほど彼に懐き、終始抱っこしてもらい、別れ際には離れたくないと息子に泣かれてしまいました。

そこから3人で会うようになり、その彼が現在の私の夫で、息子の父です。

ネットでの出会いは不安で、私自身ここで出会いがあるのかなと思っていましたが、メッセージのやり取りから始まり、素敵な出会いがあったことに感謝しています。

 

 

    コメントを残す